低金利で借りるなら銀行カードローン

銀行での借金といえば住宅ローンや自動車ローン、教育やリフォームなどの目的別ローンのイメージが強く、多額の借り入れをする時に利用する場所と思われがちですが、近年ではキャッシングにもとても力を入れています。

 

キャッシングについてのコマーシャルをテレビなどでもよく見かけますが、昔からよく見る消費者金融だけでなく、大手銀行のカードローンに関するものも頻繁に見るようになった事にお気づきの方も多いでしょう。銀行でも消費者金融でも基本的に利用方法は同じで、キャッシュカードを利用してATMから借り入れるか、銀行振り込みを利用するかのどちらかの方法で、とても簡単にお金を借りる事ができる環境が全国に整っています。

 

すぐに借入れしたい方におすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

銀行のキャッシングとは

銀行で個人が小額の融資を受けるキャッシングでも、他の融資同様に審査があります。ただし、審査の内容は住宅ローンと同じほどに厳しいものではないのが普通です。消費者金融であれば審査は基本的には当日中に行われますが、銀行の場合はその限りではなく数日の期間を要する事もあります。

 

一方で大手消費者金融のほとんどは大手銀行傘下に入っている状態なので、お互いのノウハウを上手に活用しながら運用しているといった事もあり、銀行カードローンでも消費者金融並みの早さで審査を行う所が増えています。

 

銀行は何と言っても消費者からの信用が厚いので、安心感という点でも利用しやすいと感じる人もいます。また、銀行そのものが運営しているローンなので貸金業者よりは確実に低金利で利用できるというのも大きなメリットでしょう。金利の幅は各銀行によってばらつきがあり、特に最低金利だと1%台といった銀行も出てきており、その競争も激しくなっています。

 

通常消費者金融などでは収入がなければ借り入れができませんが、銀行の場合は配偶者に収入があれば専業主婦でもカードローンを利用できます。限度額は低くなりますが、特に配偶者の了承を得る事なく契約できる事がほとんどです。審査については、多少厳しいという声もありますが、基本的には収入や信用情報等に問題がなければそのハードルが高すぎるといった事でもありません。

 

  • 銀行カードローンはいわゆるキャッシングと同じ
  • 金利が安さと銀行という安心感
  • 審査厳しすぎるというわけではない

 

まとめ

融資を急いでいる場合や、時間はかかっても低金利で借りたい場合など、状況は人によって違いますが、低金利の銀行カードローンを利用するメリットは多くあります。それでもやはり借り過ぎには十分気をつけて、計画的に返済をしましょう。

キャッシングの利用で注意すること

キャッシングの利用を繰り返していると、限度額に達してしまうことがあると思います。そこで新たなキャッシング業者と契約してしまうと、そこでまた限度額まで、といったことを何度も繰り返すようになってしまいがちです。キャッシングで借り入れたお金は自分のお金ではなく、もちろん借金です。

 

ですが気軽に利用できてしまう為、つい自分の預金の残高のように思えてしまい、勘違いをしてどんどん借り入れをしてしまうようになってしまっては大変です。また、借り入れをしたお金には必ず金利がつきます。借りた額をそのまま返せばいい訳ではありません。

 

2社以上からの借り入れがある人は、それぞれからいくら借りているのか、金利はどれくらい払っているのか、返済日はいつか、といったことをきちんと把握しておく必要があります。キャッシングは自分の返済できる範囲で利用するものです。それを超えてしまうような借り入れは避けなくてはいけません。

 

不審な業者は利用しない

キャッシング業者の中には悪徳業者も存在します。利息制限法で決められている以上の金利を請求してくるような業者がそれに当たります。またキャッシングは無担保・保証人なしが原則です。車などの担保や保証人を要求してくるような業者は間違いなく悪徳業者だといえます。

 

そういった業者では、他社では借り入れの審査に落ちてしまったような場合でも、簡単に審査に通ることが多いです。このような業者には注意してください。まともな業者より高い金利を請求されてしまうだけでなく、過度な取り立て行為などを行われることも考えられます。

 

大手の業者はテレビでCMを流していることも多く、誰でも名前くらいは聞いたことがあると思います。そういった業者を選んでおけばまず間違いはありません。特に初めて利用する際は、そういったところを選択することをおすすめします。聞いたことがない業者を利用する際には、くれぐれもご注意ください。

 

借り入れは計画的に!

キャッシングは簡単に借り入れができてしまう為、ついつい借り過ぎてしまうことがあります。ですので自分自分で注意して、自分の返済能力を超えるような借り入れは行わない、業者選びの際は聞いたことがあるような大手の会社を選ぶ、ということを決めて利用することが大切です。

 

うまく利用すれば、大変便利なのがこのキャッシングです。必要以上に慎重になることもありませんが、抑えるところはきちんと抑えて利用しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴